トレード☆ラボ

PC一台で投資。投資や経済・金融などについて書いてあるゆる〜いブログ

Ripple投資勉強会 ~Rippleの価値と提供方法〜


1Rippleの価値
 仮想通貨にはたくさんの種類がありますが、それぞれ提供している価値、もしくは提供しようとしている価値があります。それを理解した上で、それは本当に価値があるのか?実現可能なのか?を分析することが仮想通貨投資の第一歩です。価値がないものは値段が上がりません。
 仮想通貨=投機対象物として考えてしまっては仮想通貨の実態を捉えることができずただのギャンブルになりますので気を付けましょう。
 
ripple社のサイトを見るとRippleが目指す価値が分かります。そこではこのように書かれています。
 
Rippleは、情報交換で既に行われているのと同じように、価値の交換ができる世界を作るためにグローバル金融決済ソリューションを提供し、価値のインターネット (loV) を推進しています。Rippleソリューションによって銀行は即座に確実に決済できる直接取引が可能になり、決済の総費用を削減できます。世界中の銀行がRippleのパートナーとなり、クロスボーダーの支払い提供方法を改善し、金融機関やマーケットメーカーを含む発展中のグローバルネットワークに加わって、価値のインターネットの礎を築いています。
 
具体的に見ていきましょう。
まず『決算の総費用が削減できます』と書かれているようにRippleの価値は『限りなく低いコストで資金移動ができる』ということです。
送金革命を起こそうとしているわけです。
 
では、この送金革命で得するのは誰なのか?
もちろん送金コストが安くなるので、ほとんどの人にとって得するのですが、個人で送金することが頻繁ではないため、皆さんが利益を実感することは少ないかと思います。
つまり、Rippleは送金コストのかかる法人向けに価値を提供していると考えられます。
 
2 Rippleの価値提供方法
実際どのような方法で価値を提供しているのでしょうか?
 
ripple社は3つのソリューション(解決策・提供方法)を提示しています。
 
 1.送金を処理する xCurrent
    2.流動性を調達する xRapid
    3.送金する xVia
 
投資家としては、このソリューションで目指す価値は提供できるのか?またこのソリューションが機能するための条件およびその条件が整う可能性などを見ていきます。
 
この3つのソリューションを解説するには長くなるため別の記事で解説していきます。